月次アーカイブ: 3月 2016

女性の生理に関しては、個人差があり、また女性ホルモンのバランスの影響を受けやすいことから、一見すると健康的な女性であっても、生理不順などの問題が発生することは頻繁に見受けられます。
生理不順には様々な種類が存在します。生理の周期がバラバラで安定しなかったり、期間が長い、逆に期間が短いなどの状態がよくある例です。
生理不順の解決には、ゲスターゲン療法という方法が用いられることがあります。ゲスターゲンとは黄体ホルモンの一種で、黄体ホルモン剤であるピルを用いることで、女性ホルモンをコントロールし、生理不順の改善を目指します。ゲスターゲン療法で用いられるピルには、黄体ホルモンだけでなく、卵胞ホルモンも含まれています。生理不順だけでなく、無月経状態に陥っている人に対しても、利用されます。
ピルを投与するタイミングは、一般的な生理周期の後半あたりです。周期療法などとも、呼ばれています。
ゲスターゲン療法は避妊用の低用量ピルと同じ働きがあり、本来は避妊のための方法として利用されてきました。排卵を促す卵胞ホルモンの働きを抑制させる作用が、薬に備わっているからです。しかし、低用量ピルには、生理に関する不快な症状や不安定な状態を改善する働きがあることが分かっており、婦人科系の治療で活発に使用されている薬です。
生理不順や無月経に限らず、子宮内膜症や子宮筋腫の改善にも、効果を発揮してくれます。出血量が減りますので、生理の出血が誘発する貧血にも、有効であることが分かっています。
低用量ピルを使えば、女性ホルモンが安定しますので、生理前の不快な症状の緩和にも役立ちます。肌荒れやニキビといった症状が和らぐため、美容にも有効です。