月次アーカイブ: 2月 2016

生理不順は、卵巣で卵胞が育たず排卵できない無排卵の状態の人がなりやすいと言われています。卵胞の育ちが悪いとホルモンバランスに影響を及ぼし生理不順を引き起こすことがあります。生理不順を調整するためには、ピルを使う方法があります。
ピルは、生理不順を調整するだけでなく、月経困難症や月経前症候群、避妊、過多月経、子宮内膜症などの治療でも使われます。生理不順を調整するためのピルは、低用量ピルが使われます。低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。この2つの女性ホルモンの働きにより、排卵が抑えられ、受精卵を着床しにくくしたり、子宮頚管の粘膜を変質させ精子が入り込まないようにする作用があります。ホルモンの含有量が少ないため従来のタイプよりも副作用が少ないです。
低用量ピルを服用するメリットとして、生理周期の調整、生理痛や経血量の軽減、骨粗鬆症の予防、卵巣がんや子宮体がんのリスクをさげるなどがあります。生理周期を調整することができるため、旅行などのイベントの予定も立てやすくなります。ただし、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの影響により身体のホルモンバランスが変化するため、服用後最初の3ヶ月は、出血や頭痛、吐き気などのマイナートラブルが起こることがあります。一般的には、3ヶ月程度で治まりますが、3ヶ月経っても症状が出ている場合には医師に相談する必要があります。
生理不順はピルで調整することが可能ですが、改善するためには生活環境を見直す必要があります。身体を冷やさないようにする、ストレスを上手に解消して溜め込まないようにする、過度なダイエットは控える、タバコはやめるなどです。